BY WANSELFのブログ

超大型犬と一緒に暮らす

うちで一緒に暮らしてた、森林オオカミです
それまで、「狼犬」とは、4頭ほど暮らしてましたけど
100%オオカミは、初めてでした
ビッグフット 通称ビッグ♂ 当時5歳でした



下に この時一緒だった、デーンが写ってます
ビッグが、どんなに大きかったか分かるでしょうか?
動物園やサファリパークに行っても、ビッグより大きいオオカミには
出会った事がないです




有名な「シートン動物記」の中の「オオカミ王ロボ」の話知ってますか?
あの話の記述だと、「ロボ」のサイズは、ビッグよりも大きいと書かれていました
「化け物みたいな」オオカミだったんでしょうかね(笑)

デーンとふざけていますが、デーンが調子に乗って生意気すると
ぴシャッと、躾する、厳しさもありました
デーンの身体能力ぐらいだと、逆らっても、全く歯が立ちませんでした
10秒ぐらい揉み合うと、デーンが下になって、ビッグが上になり
デーンの喉に牙を当てて(寸止めです)「動いたら殺す」っていう状態で終わります


オオカミは、基本「喧嘩」をしません
獲物が獲れなくなるんで、自分の体が傷つくのを、極端に嫌がります
オオカミが、その能力を発揮するのは「捕食」の時だけです


ビッグは、いろんな事を教えてくれました
野生動物を人間が飼う矛盾 動物と人の関係 付き合い方
野生動物の優しさと威厳 オオカミの遠吠えの美しさ等々
ビッグと暮らした何年間は、かけがえの無いものでした


ビッグに逝かれてから、狼犬ともオオカミとも 暮らしていません・・・
思い出が、汚されるようで、嫌なんですかね・・・
それとも ビッグで、満足しちゃったんですかね・・


デューク

今年13歳になる、ジャック・ラッセルテリアのデューク♂の
「小さい頃」の写真が出てきました

「小さい頃」って言うより、「生まれたて」ですね(笑)
4姉弟で生まれて、デューは真ん中に移ってます
お母さんは「スムース」の毛質だったんだけど、デューは大きくなるにつれ
段々「ワイヤー」になってきました

生まれた時は、こんな大きさです




生後1か月くらいの時のデュー
一緒に移ってるのは、この時に居た狼犬のニールです
穏やかな狼犬で、どんな動物の子でも、面倒見てくれました




これは、この時一緒に居た、ドゴ・アルヘンチーノのトゥラビ
デューは、2か月弱 ぐらいになってますね
ドゴって 世の中では、性格良く思われていないけど、この子は
怒る事も、切れる事も無く、いい子でした



デューは、ほんと可愛くて、患者さんの中でも、評判の可愛さでした
デューの容姿に憧れて、次の子をジャック・ラッセルテリアにした患者さんも居ました




今のデュー です 年取りましたねー・・・
未だに、自分の事 「大型犬」だと信じています こいつ(笑)
オーチンやニーナと、まだ対等にやりあってます
いつまでも元気で、長生きして欲しいです




犬の寿命って、15年 どんなに長くっても、それよりちょっと伸びるだけ・・・
そんな短い間の付き合いでも、人間に最大の無償の愛と信頼を寄せてくれる


もし「犬」と言う生き物が、何十年も人と一緒に暮らせる生き物だったとしたら
その子との別れは・・・ 想像するだけで恐ろしい・・・
犬の寿命が、今ぐらいなのは、神様の人間に対する最大のプレゼントだと思う



冬晴れ

北風の吹く 冬晴れの中 学校の実習授業に行ってきました
山を切り開いて、実習校舎とドッグランを作ったんで 街中より寒い!

こういう時は、一切寒がらない子達(笑)
何時間でも、遊んでいられるらしい

ドッグショー見学 は、うちの子達にとって きっとストレスなんだろうか
いつもの散歩に比べたら、圧倒的に少ない運動量だろうに
帰って来てからは、かなーり疲れてる様子でした(笑)
「人混み疲れ」「気疲れ」なんでしょうか
今日は、ストレスを晴らすように、元気一杯でした(笑)





休憩時間に、生徒の女の子に遊んでもらってる ダーナとオーチン
「可愛い可愛い」って言われて、構ってくれるんで いい気になってる

1日遊んで、今はぐっすりです


まあ、私見ですけれども、ショーに出てる犬達よりも、
こうやって自由に走り回る犬が好きです


闘犬家には闘犬家の、訓練士には訓練士の、そり犬やる人にはそれなりの
いろんな人のいろんな意見があるんだろうけど、僕的には、「自由に走り回る犬」
より、美しく見えるものはない です(笑)


麻薬犬や盲導犬も、僕の中ではプチ虐待に 思えてしまいますからね
各方面から、お叱りを受けるかもしれないけど・・・(笑)
「私見」ですからね いろんな人がいてもいいですよね?(笑)






FCI

久し振りに、ドッグショーに行きました ニーナにとっては、「初」なんで、
社会化と経験も兼ねて、出発!
うちの子達を、ショーに出そうとは思わないけど、いろんな子に会えるんで
ショーに行く事は、嫌いじゃないです(笑)

今日あった中で、一番大きかったバーナード
久々に こんな大きい子見ました

オーチンと顔を比べると、こんな感じ
どんなに大きい顔かわかるでしょ?(笑)
オーチンも、「君大きいねー」って、興味津々でした

ニーナもご挨拶に・・・
おとなしいいい子でした ニーナも静かに挨拶してました(笑)



グレートデーンのリンクをみんなで見てました
オーチンとニーナは、じーっと見つめていて 面白かったですね
「この子達 何してるんだろ?」的な感じ

まあ、この後 飽きてしまって、「帰ろうよ帰ろうよ」攻撃でしたけど・・(笑)
楽しかったですねー


学校の生徒が、実習授業という事で、何十人も来てたし、ショーの時しか会わない、
知り合いも一杯居て、ご挨拶で忙しくしてました


ショー会場なんで、 来場してる人間の子供達も、犬慣れしているし
親の教育も行き届いているんでしょう 突然うちの子達に触りだすような子も居なくて
「あー その辺は、ちゃんとしてるんだなー」って思ってたら
子供が二人寄ってきて 「きっと 触らせてください」って言いに来たんだな
って思ったら、なんと「乗ってもいいですか?」って聞いてきた(笑)
そばにいたお母さんが、聞いてきてごらん って言ったみたい(笑)
丁重に お断りしました(笑)



雨・・・

冷たいしとしと雨で、散歩に行けない・・・
うちの子達、雨の散歩 大嫌い!
おトイレ済ませると、さっさと家に入っちゃう
と言う事で

グンちゃんも、暇と体力を持て余して ラグビーボール齧ってました(笑)
雪だったら、ハイテンションで遊べるのにねー




「例の」サンドイット作戦 ずーっと上手くいってます(笑)
ゆっくり足を延ばして眠れる毎日です(笑)

チャイちゃんだけは、皆に混じらず、一人布団に入ってきます
まあ、この子ぐらいなら、何てことないですし(笑)


散歩に行かないので 写真が無いから 動画をアップしようと思ったんですけど
先週に続き またできませんでした・・・
なんか、毎週末に、できなくなるような気がする・・・



信号待ち質問 の車じゃなくて、ランニング散歩の時のケース


おばさん「あー この犬なんて種類?」
僕「一人づつ 種類を言っていく」
   ちっちゃい子も居る時は、10頭言う事になる


で、おばさん「うーん 覚えられないなー もう一度言って」


信号が変わっちゃうので、「またねー」って走り出す


普通のおばちゃんなら、ここでランニングしてるので着いてこない
ところが、この頃のおばちゃん「電動アシスト自転車」と言う 文明の利器を所有
振り切れない・・・ 次の信号までついてきて、質問の続き・・・
これ、結構辛い・・・(笑)


絶対に覚えきれない犬達の種類聞くの やめません?(笑)