BY WANSELFのブログ

超大型犬と一緒に暮らす

枝豆

長女の晩酌中の「枝豆」 農家の患者さんからいただいたので美味い
この枝豆「美味さ」を、皆知ってる(笑)

くーは、ビーズクッションの上から、デューはテーブルの下から
イギーは控えめに、ちょっと離れて
ニーナは、直接口から(笑)


皆、「旬のものは、美味しい」と申しておりました




「パピーウオーカー」って、この頃普通に聞きますよね


盲導犬の訓練の前に、子犬から1年間、一般家庭に預けられて
人の優しさとか、人を助けてあげたい気持ちを芽生えさせる
その目的のために、極々普通の、幸せな、お子さんのいる家庭が
その1年間の子犬の生活に、選ばれるわけです


生後3か月の子犬から1年間・・・・ この期間って、残酷じゃないですか?


考えてみてください、自分のうちの子が我が家に来て、1年経ちました
さあ、そういう契約があって、戻さなければなりません・・・
その後 基本的には、もう会う事ができません・・・
そんな事言われたら、どうしますか?
「じゃあ はい」ってその子 渡せますか?


僕にはできません! 断言します 僕には不可能です
どんな約束事があったとしても、きっと暴れます


それを、TVに出てくる子供達(大抵兄弟か姉妹)は、号泣しながらも
ちゃんと聞き分けて、お別れしてます・・・ 凄いと思う


自分達の元を去っていく さっきまで「自分の子」だったラブラドールを
嗚咽しながら見送る子供達、それを見て涙が止まらない両親・・
TV的には、「はいはい」って事なんだろうけど
小学生の年齢の子供達に、こんな悲しい思いをさせていいんだろうか?
心に、絶対に埋める事の出来ない傷跡を、残しちゃうんじゃないだろうか?


「パピーウオーカー」のTVを見るたびに、いつもTVの前で号泣してそう思う


前に、あまりにも素敵なお別れの仕方をした男の子が居て
あまりにも 悲しそうに泣いていたから、TV局に連絡して
「うちの犬達と会わせて、遊ばせてあげて、あの男の子の心を癒してあげたい」
だから「連絡先を教えてくれ」って、言った事がありました
「個人情報なので・・・」という事で、実現しませんでしたけど・・・


前にも書いたけど、完全に勝手な事言わせてもらうと、私
警察犬も盲導犬も麻薬犬も その他の「人のために働く犬達」って
すいませんけど、居て欲しくないと思ってます


「犬」と言う生き物は、「人の隣に寄り添ってくれる」ためだけに存在し
神様も、そのために、人に「犬」を与えたんだと思ってます



せめて、1年後に、「返してしまう義務」か「そのまま暮らしていける権利」を
選択する自由を、パピーウオーカー側に与えて欲しい


「そのまま暮らす」には、その子を金銭的に買い取って、そのお金を
次の子の子の購入資金に充てればいいわけで
誰にも、ウインウインじゃないでしょうか


じゃなかったら、盲導犬の訓練が入らなくて、途中NGになっちゃった子
それは、パピーウオーカーに連絡して、
「盲導犬としては、NGだったので、もう一度お飼いになりますか?」
ぐらいの事は、言ってもいいんじゃないですか?


優秀な盲導犬を待っていらっしゃる、目の不自由な方々、
勝手言って申し訳ありません・・・


世の中には、色んな人がいるもんだ という広い心で
ご容赦いただきたいと思います





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。