BY WANSELFのブログ

超大型犬と一緒に暮らす

患者さんの梨農家さんから、「初物」の梨が届きました
奥さんに そーっと持って来てもらったんですけど、グンちゃんには気付かれました
どんなに欲しくても、お皿から直接取る事は無い!
彼の狙いは、あくまでも「僕からもらう事」(笑)

グンちゃんが、このままジタバタしなければ、皆に気付かれないんだけどな・・・



って そんな訳ないかー(笑)  皆が集まってきました
ニーナは、ロックオンですね(笑)
長女は、皆に厳しいですからね 誰にもあげないんですよ

梨とスイカは、大好物ですからね、見逃すはずはないですね
この後 大きい子達は、1人半分ずつ 貰ってました
しばらくは、「梨」で楽しめそうです
ホント 梨農家さんが患者さんで、嬉しい(笑)




ニーナが、昼間 暇を持て余して、色んな奴にちょっかいだすんです
皆が、皆がゆったり昼寝していても、まずは「兄貴」に

まあ ここは、一番乗って来てくれるんで、ニーナとしても張り合いありますよね
でもね、二人とも絶対に立たないんですよ・・・
気持ち的にも、体力的にも、だれてるんですよね・・・
この「寝続けた」まま、ガウガウしてます



次のターゲットは、奥さんですね
「何写真 撮ってんの?」 「遊ぼ!」「構ってちょうだい」

この顔で真っ直ぐに見つめられると・・・
ちょっと「卑怯」じゃないですか?(笑)
なーんでも 言う事聞いてあげたくなっちゃいます(笑)



今度の遊び相手は、「僕の足」ですね(笑)
この前に、ダーナに前足でちょっかいだして、怒られてました(笑)
で、怒られない僕に・・・ 足に「お手」するみたいに 何回も何回も・・・

「痛いから やめて!」て言うと 僕の顔見ながら もっとやります(笑)
どこまですると、誰がどう怒るのか、分かっちゃってるんですね



先日 目のOPEをした、カラスにやられそうになってた所を拾われた猫ちゃん
覚えてますか?  目も開いて、可愛くなって、元気です


で、今日 同じ月齢の、同じ色合いの 同じように「ネコ風邪」の男の子の猫ちゃんが
やっぱり、拾われて、来院しました


何日か前に拾ったそうですが、治らないので診察に来ました
拾われた場所が、1人目と二人目で 500mぐらい離れてるんですけど
どう見ても、二人は兄弟猫ですね
という事は、同じ所に捨てられたんだけど
誰か 第三者によって、違う公園に運ばれて、やっぱり捨てられた のかな?
連れて帰ったら、お母さんに怒られて、もう1回捨てに行ったとか・・・


今回は、拾った人がこれからの「運命の飼い主さん」になってくれるわけで
めでたしめでたしなんですけどね
いつもいつも こう上手くはいかないので・・・


この夏の忙しい時に、子猫を一杯抱える事が無かったんで
ちょっと ホッとしています(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。