BY WANSELFのブログ

超大型犬と一緒に暮らす

帰って来たの?

グンちゃん「あっ 帰って来た!」
  半信半疑で、恐る恐る?降りてきて 誰が帰って来たか確認
グンちゃん 真剣過ぎて、顔 怖いからね 笑って笑って



ニーナは、かなり不満気・・・
ニーナ「こんなに待たせてぇ・・・
     つまんなかったんですよ  もう・・・」
帰って来たんだから、こっちとしては、もうちょっと喜んで欲しい(笑)




ニーナ「ここで こうやって待ってたんですからね」
一生懸命に、「待ってた」事を説明するニーナ
はしゃがないのが、ちょっと怖い・・・(笑)





流石「最年長」 落ち付いて お留守番を説明




エルダだけ、大はしゃぎで、上と下を飛び跳ねてました
この子だけ、全然拗ねてない!
ただただ 帰って来たのを喜んでくれてる(笑)




夕ご飯も食べて(今夜は特別メニュー 美味しかったはず)
ニーナが、テーブルの視野に潜り込んで、まだ拗ねてる(笑)
こんな態度 した事ないのに・・・
よっぽど「お留守番」が堪えてるんのかな・・・

デューク「あんた そんなとこに潜って 何してんの?
     そこはいつも俺が潜る場所だよ」




ちょっと時間をおいて、落ち着いてきたら みんな 倒れるように寝てる
やっぱり「お留守番」の間は、寛いでないんでしょうか・・・

フリーランをしたように、疲れてる感じ・・・
一生懸命に 留守を守ってくれて ありがと



心配した「家へのダーメージ」は、無し! ノーダメージでした
これで、2回続けて「長時間お留守番」成功!
今のシステムを使う限り、うちの子達は、良い子でお留守番ができる らしい(笑)
「子供達」の成長を、喜んでいいのか、ちょっと悲しいのか・・・  複雑です


次は、ビデオカメラでも仕掛けて、
「お留守番中のみんな」を見てみたいですね
どんな事してるのか、ピンポーンって鳴ったら
誰がどんな反応してるのか  一番 家を守ってるのは誰なのか 等々
「子供達」への興味は尽きないですね

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。