BY WANSELFのブログ

超大型犬と一緒に暮らす

追加

今日は一人「食いしん坊」が追加されました(笑)

グンちゃんは、「直接的」なんで、テーブルにのせるんじゃなくって
僕の右手に、直接顎をのせて「おねだり」ですね(笑)
この状態のまま、ゆっくりと尻尾振ってるんです 可愛いー(笑)
それにしても、グンちゃんの横顔のアップ
 皆の牙の跡で 傷だらけですねー
本人は、この場所の皮が、異常に厚いんで 痛くも痒くもない(笑)




テーブルの反対側では、オーチンのいつもの光景
今夜は、「ベーコン」狙いのようでした(笑)

この「おねだり」ホントは、皆したいんだけど。我慢してるわけで
「やってはいけない」はずなんですけど
この二人は、うまーく ギリギリの線で、何とかこなしてるんです
だって、ニーナは、長女に即座に怒られて、できませんからね(笑)
そういうとこ 末っ子のくせに、要領悪いんです・・・(笑)




おっさんイギー この頃元気一杯で、すぐに誰かと遊びたがります

ニーナは、いつの通り、カメラ目線です(笑)



よく患者さんに「先生 犬好きですねー」とか「生き物好きですねー」って言われる
これって、獣医として、まあまあ「誉め言葉」として受け取ってますけど


「先生 自分のうちの子 好きですよねー」になってくると ちょっと様子が違う
ここは、「そんな事ないですよ、○○ちゃんの事も好きですよ」って即答したいけど
「どっちが好き」って聞かれたら、やっぱり「うちの子達」って答えちゃうだろうから
いつも、言い返せないでいます(笑)


それと「先生は 愛犬家ですね」って言われる事がある
「愛犬家」 言われてみると不思議な感じ・・・
「犬を愛しているか」って聞かれたら、「YES」だけど
「うちの子達」の限定すると、「愛してる」のとはちょっと違う気がする


「うちの子達」に抱いてる感情は、「愛」と言うよりも もっと違う
若い頃、好きな人ができて、明日学校でその人に会える って思うと
夜が明けるのが待ち遠しかったり、ドキドキが止まらなくて 上手く眠れなかったり
胸の奥がキュンとする そんな感情に近い気がする(笑)


それって、「愛」よりも「恋」に近い感情かもしれない・・・(笑)
うん 分かった これからは「恋犬家」って事でいいですか?(笑)


人の伴侶は「恋」から「愛」に変わっていって、
お互いを向き合って見つめ合っているうちは「恋」
お互いの事が、もっと知りたくて知りたくて仕方がない時期
それが お互いが、同じ方向を向いて、その方向の遠い先には、
同じ目標があるようになる それが「愛」


私 ずーっとあの子達を正面から 見つめていたいから
やっぱりずーっと「恋」してるんだと思う(笑)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。