BY WANSELFのブログ

超大型犬と一緒に暮らす

パンツ

エルちん 今日からパンツ生活ですー(笑)
写真に撮られて、ちょっとはにかんだ顔してます

エルダは、発情中のパンツを、「しょーがないよね」って受け入れるけど
ダーナは、ちょっと目を放すと、ビリビリにしちゃいます・・・


エルダの発情中は、僕に対して、異常に甘えてきて
普段しないような、オーチン張りの「おねだり」とか
いつもは乗ってかないような、「僕の隣に寝る」攻撃とかしてきますj
皆も、「ふーん そー言う事なのー」って
何事も無かったように、静観してます




1枚目の写真の エルダの後ろで、ふざけてた二人

やっぱりニーナは、余裕の「カメラ目線」(笑)
この昼間の暑さ、どうにかして欲しいです・・・・






今日のオーチンの「おねだり」は。まだテーブルに何も乗ってない・・・(笑)
テーブルセッティングの時に、既に僕の膝に乗って来てました

これって、エルダの発情 の影響もあるんです
エルダが僕に「異常に甘える」んで、なんでも負けたくないオーチンが
早目に僕の膝を確保 って事なんです
顔がいつもの「ちょうだい顔」と違うでしょ?
「いい場所取っちゃったよ 誰にも渡さないぞ」顔です(笑)



いまだに、訓練士の中には
「犬と人は種が違うんだから 人間的な会話や行動は無意味だ」って・・・
そんなこと書いてたり、言ったりする人が見受けられます


ふーん・・・ そんな理論だと、黒人と白人 黄色人種だってそうなの?
同じ心で 分かり合えない同士なの? って思っちゃいます・・・


それどころか、同じ日本に生まれたって、県が違ったら、お国柄が違う
食べてきたものだって、言葉、習慣、考え方等々 違ってるはず
でも、北海道の人と沖縄の人 結婚してますよね
「異文化コミュニケーション」なんだから、分かり合えるっしょ って思う


こういう話すると、訓練士の人って
「だって、犬は、言葉を話せないじゃない」「人は言語があるから」って言います


最新の研究では、犬は人間の言葉を言葉として理解できる ってなってます
話せはしないかもしれないけど、彼らの言ってる事は理解できるし


せっかく神様がくれたプレゼントなんだから
もうちょっと違い視点で、「イヌ」と付き合いませんか?


話しかけて、語り掛けて、感情のままに抱きしめて
初めて彼らから受け取れるメッセージだって、きっとあるはず

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。