BY WANSELFのブログ

超大型犬と一緒に暮らす

何でぇ~

今日は、一番末っ子の男子(人間)の結婚式でした
早起きしなきゃいけなかったので、目覚まし時計はいつもより早い時間にセット
この子達の考えでは
目覚ましが早く鳴る→どこかに行くんでしょ?→朝ご飯は早いよね?
→ウオー 早く起きるよー となって この状態に・・・(笑)

エルダは、まだまだおねむ・・・
ニーナを起こしに来たオーチンは、僕の顔にお座りしてる・・・(笑)




ダーナ「起きてよー 行くよー 朝ご飯ちょーだい お出かけだよー」
グンちゃん「ダーナ姉ちゃん テンション上がり過ぎですよ」





その時 イギーはお気に入り席で まだ夢の中です




結婚式に合わせて、次女(人間)も帰郷
次女自身も新婚なんで、旦那さんとうちの子達は 初対面です
ピンポーンが鳴った瞬間に、2階から皆飛び出して行きました
次女とは、全員が「相思相愛」なんで、嬉しさMAXです
誰が来たのか、どうして分かるんでしょうか? 

皆「あー 帰って来たねー」
エルダ「えへえへ 帰ってきましたよね  今夜は遊べますかね」




皆「お帰りなさーい 早く中に入って 遊んでください」
ダーナ「えーと あなたは・・・一体・・・ 誰ですか?」

新しもん好きのダーナは、初対面のご主人をチェック!




今度はエルダが「ご主人テック」
エルダのちょっとの緊張と歓迎の顔 良く表情に出ています





皆の思惑を裏切って、朝の7時から、夕方5時まで「完全お留守番」
家からモーニングに着替えて行ったわけじゃなく
家から出る時は、ジーンズにTシャツだったから 余計に納得がいかないらしい(笑)
最後の最後まで、文句を言われ、「納得できない攻撃」をされ
後ろ髪を引かれる思いで、家を後にしました


「お留守番部屋」は当然の事ながら
全ての部屋を開放して、どこに行ってもいいよ 状態でお留守番
「今日は、お留守番時間が長いから、悪戯はしょうがないな」
ぐらいの気持ちで出かけました
帰って来て僕が奥さんに言った 最初の言葉は
「どう? 今日のダメージは?」でしたから(笑)


奥さんが、僕たちが帰って来て、嬉しさのあまり狂喜乱舞して
病院、家中のチェックを邪魔してる皆をすり抜けながら 帰って来て一言
「すごーい  ノーダメージです!」


おー こんなに長いお留守番でノーダメージ!
ドアも破られてないし、嫌がらせおしっこも無い
お菓子も食べてないし、キッチンにも入ってない
10時間の間、自由にしてたのに、良い子でひたすら待ってたの?!


読者の皆さんの「良い子の愛犬」なら 驚くような事じゃないんでしょうが
「うちの あいつら」ですよ?!(笑)


あの子達の「狂喜乱舞」の輪に加わって
僕も一緒に「狂喜乱舞」してました
その後の「おやつ」を特別に奮発したのは、言うまでもありません(笑)



僕「10時間のお留守番ができるなら、色んな事ができるし
  色んな所に行けるね」
奥さん「あの子達が良い子で待ってると、お留守番が増えちゃうの?
   それって、ちょっと可哀想なんじゃない?」


なるほど・・・ごもっともなご意見・・・(笑)


皆とホットカーペットの上で、ぐしゃぐしゃしながら遊ぶ夜
なんか、誇らしい気持ちで 皆を見ていた
こんな事で感動してしまう、親バカなわ・た・し(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。