BY WANSELFのブログ

超大型犬と一緒に暮らす

おねむ

うちの子達の中の「黒チーム」
左から中・小・大が、重なって寝てます(笑)
オーチンは 「仲間」に入れなかったんでしょうか(笑)

誰が最初で、誰が最後なのか どうしてこのカッコになったのか
それは 不明です(笑)
気が付いたら、この状況で寝てました
上手い具合に、前足も後ろ足も どうにかなってますね(笑)
エルダの後ろ脚は、どこにいっちゃってるんでしょうかね(笑)




眠る直前 「落ちる」直前のエルダです
目が トローンとしてます  子犬みたいで可愛いです(笑)




眠る直前シリーズ グンちゃん編
どうして眠る直前って、子犬の顔になるんですかね(笑)




眠る直前シリーズ オーチン編
こいつは 子犬の顔にならないですね(笑)
顔が大き過ぎますよね(笑)




ダーナ編 は もう寝ちゃってますね・・・





グンちゃんが 機嫌の良い時に 皆を遊びに誘う時 よくやる行動です
グンちゃんがやると、駄々っ子が「おもちゃ買ってー」とか
「お菓子欲しいよー」って 言ってるみたいで 可愛いんです(笑)

背中がぁ~!!



僕は かねがね
「人間の科学力で解決できないものを 動物で補おうとするのは
人間の科学力の敗北だ」って言ってきましたが
それは、盲導犬や麻薬探査犬・災害救助犬等々を 指して
そういう言い方をしてたんですけど・・・


今日会った仲間は、競馬のサラブレッドやドッグレースのグレイハウンドも
「可哀想だと思う」って言ってました


牧場に放牧されている馬と、競馬馬では、目の輝きが違うそうです
その「仲間」って、生き物とは、全く縁が無い人間ですけど
そんな風に感じてるんだなー って 改めて知りました


犬の「能力」が 人間にとって都合良く抜きん出ていたために
人間は時間をかけて、犬の身体をその「用途に応じて」作り変えていきました
体重1kg台の犬も居れば、100kgの犬も居ます これが同じ「種」です
チワワとセントバーナードは、物理的な不可能さを除けば
遺伝子的には、交配できます
人間の作為的思惑がなければ、こうはなっていないはずです


今、犬の種類は何百種類も存在し、それが「純血種」と呼ばれ
世界中の人間が、その「スタンダード」を維持しようと努力してます
元は「たった一つの 犬 」 だったはずなのに・・・


本来 使役や娯楽 人間のエゴのために作られた身体を「純血種」と呼び
今の人達が、奇麗とか美しいって言ってる・・・
なんか 皮肉なもんだと思いませんか?苦笑

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。