BY WANSELFのブログ

超大型犬と一緒に暮らす

誕生日

誰の? うちの子達の誰でもなく「私」のです(笑)

長男から 「甚平」ですね
今まで、子供達からもらったプレゼント
例えば、作務衣・時計その他、色んな衣類等々
使う事なく、着る事無く、全てしまい込んであります(笑)
子供達からは、「使って」「着て」と言われますが、できません・・・(笑)



長女から 「スイカ」です(笑)

これは、うちの子達と一緒に食べます(笑) きっと


次女からは、「何かリクエストしてくれ」と 連絡がありました



夜の散歩の前に、体力余って 暴れ出す二人

他の子は、おとなしく待ってるのに・・・



イギーとエルダが「やめなさーい」って言ってる

自分達も、やる時はやるくせに(笑)




グンちゃんです
ちょうど1年前、去年の僕の誕生日に起こった出来事の話 しようと思います


1年前の今夜 やっぱり「夜散歩」にでかけました
今行ってる、グランドではなくて、河川敷です


親兄弟、家族、仲間等々 「誕生日パーティ」が連日続いていて
自分でも「オーバーウエイトだな・・・」って自覚がありました
で、しっかり走って、しっかり汗をかこうと、サウナスーツを着て
河川敷に出かけました


夜の散歩の時は、それぞれを認識するために、皆が違った色のライトを
首に着けています グンちゃんの色は、この時は「赤」でした
河川敷で、1時間ほどフリーランをしてたら、「ドッボーン!」って
大きな水音がしました 咄嗟に「あっ 誰か落ちたんだ」って分かりました
でも、うちの子達皆、泳ぎは達者だし、そんなに慌ててはいませんでした
コンクリートの岸壁を覗き込むと、赤いランプが・・・ グンちゃんだ
2mほどの岸壁から、なぜか落ちたグンちゃん・・・
奥さんと覗き込んで きっと自力で泳いで上がって来るだろうな って
僕と奥さんは、タカをくくっていました
グンちゃんの、身体能力、水泳能力を考えたら、造作も無く上がって来るだろうと


ところが、予想に反して、グンちゃん 岸壁の下でもがいてます
最初は、笑いながら「グンちゃーん 何してんのー 早くー」
とか言ってたんですが、グンちゃんの首に付けた赤いライトが
暗い川の中に小さくなっていくのを見た時に、そして最後は、
その赤いランプが、水中に消えていくのを見た時に、
初めて、事の重大性を悟りました


僕の、危険スイッチが点滅して、グンちゃんの沈んでいった水中に飛び込みました
自分では、こういう時に「俺はパニックにならない 冷静な人間」だと思ってました
が、靴もそのままだし、サウナスーツ着たままだし・・・


でも、水中に沈んでたグンちゃんの首輪をつかんで、自分の肩に乗せ
水面まで持ち上げる事に成功しました
グンちゃんの顔が、水面に出て、グンちゃんが「犬かき」を始めたのが見えました


その時、自分の息と体力が限界で、しかもサウナスーツが身体にまとわりついて
僕自身が、誰かに足を引っ張られるように沈んでいきました
「あー 死んじゃうのかな・・・」
沈んで言った水中は、真っ暗闇で、前後左右もよく分からず
ちょっと諦めかけた時、奥さんが、岸壁の上から懐中電灯で水中を照らしました
その明かりで、まず「真上」を認識できました


その次に、奥さんが、持ってるあの子達のリードを繋ぎ合わせて
水中に投げました  そのリードが、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」のように
僕の目の前にすーっと 降りてきて それをつかむ事ができました


そこから、何十メートルか、奥さんに引っ張ってもらって テトラポットのある
浅瀬から、這い上がりました
落ちてから、上がるまで、1時間かかってました


グンちゃんは って言うと 自力でテトラポットまで泳ぎ
奥さんが、僕を救助する時に、奥さんにまとわりついて、邪魔してたそうです(笑)
きっと「何してんの・ 面白そうな事してるよね?」的な感じだったんでしょう


帰りに車の中で、「誕生日の夜に死んじゃうとこだったな」って奥さんと話してました
「この時間なら、まだ朝刊に間に合うかもな」とか減らず口たたいてました(笑)
奥さんは奥さんで「こんなところで死なれたら、保険金殺人だと思われちゃう」
って、笑ってました


そんな話をしながら、僕は満足でした
勿論 「グンちゃんを助けられた事」それ自体そうなんですが・・・


長くなるんで、この続きは、明日書きます(笑)




夜雨

散歩の時間に、突然の雨・・・・ 「今夜の散歩は行けないね・・」って
言った傍から

「行こうよー 行こうよー」の催促 おねだり・・・
これ、結構しつこくて、僕のハートには悪いんです・・・(笑)
期待に応えられない夜は、ちょっとブルーです・・・



そろそろ「おねだり」が、通用しないな って、無駄かな? って
思い出してる頃です(笑)

エルダが、引き上げ体制になってますもんね(笑)




遅れて、ダーナが「おねだり」に来たんで
「変な顔遊び」して、ごまかしてる所です(笑)

こうやって、耳を立てると「オオカミっぽく」なりません?(笑)
それも、悪役の悪っぽいやつ・・・(笑)



エルダは、完全に「諦めモード」に入ってます
大好きな布団をチュパチュパして、気を紛らわしてるんです

布団をガッツリくわえてる時は、結構イライラしてる時・・・(笑)
気分良くチュパチュパしてる時は、口先ちょぴりでくわえます
子犬が、お母さんのおっぱいを飲む時の あれです


これで、明日の朝の尾の子達の「暴れ振り」は、MAX確定ですね・・・(笑)


昨晩の 夜散歩で、暗闇から全力疾走で現れたニーナを避けきれず
左膝を「やってしまった」私・・・
一晩湿布して、アイジングしたんですけど・・・ 今日はダメで・・・
ちょうどいい休養になったかな・・・ って思う事にします(笑)


前後

夜の散歩の前に 我慢できなくなって暴れちゃう二人

この後、リビングで追いかけっこを初めて
ダーナとエルダの姉ちゃん達に 怒られてた(笑)





散歩から帰って来て、2階へ上がって5分後です・・・

布団も敷いてないのに、既に「熟睡モード」
揺すっても、呼んでも起きないぐらい「寝てます」(笑)


このまま「夜の睡眠」に突入して、朝まで起きません
これが、雨が降ったりして、夜の散歩中止ー とかなると
そーだなー 明け方の、とんでもない時間に、起き出して
「遊ぼうよ 遊ぼうよ」がはじまります・・・


グンちゃんが、皆と遊んでない時に、
1人で、グランドの外周を、「ダッダ ダッダー」って
足音をたてて走り回ってます
誰とも、混じらないで、まるでトレーニングのように走るんです
今までには、無かった事なんです


もしかこれって、奥さんに「でぶでぶ」言われてるんで
グンちゃんなりの「ダイエット」なんですか?(笑)




左から エルダ・グンちゃん、ニーナ なんですけど
この3人 皆「黒色」ですよね? 呼び名は「黒い犬」ですよね?
でも、微妙に「黒」が違います(笑)

エルダの黒は、「喪服の黒」で、ちょっと艶消しがかってます
グンちゃんの黒は「よく見るとこげ茶色」が入って、純粋の黒ではない
ニーナの黒は「タキシードクロスの黒」 真っ黒です
太陽の光の下で見ると、よーく分かります




明け方近くに、奥さんに撮られました・・・・
本人的には、全く記憶にございません・・・(笑)

きっと 夜中に掛け布団を剝いでしまって、明け方に寒くなり
手にあった「生身の等身大抱き枕」を、抱いて 
暖を取ったんじゃないだろうか(笑)
このまま オーチンが「伸び」をすると 僕は完全に落とされます(笑)
よくある事なんですけどね(笑)




二人で、布団を取り合ってます

直接の「戦い」じゃないと、グンちゃん相手でも
ニーナは結構強気で行きます(笑)



昼間、何台かの救急車が、病院の前の道路を通ったんですけど
その時、大きいチームのみんなは、「外」「リビング」「寝室」「診察室」
それぞれに、バラバラに分かれて遊んでました


誰かが「遠吠え」を始めたんですけど、皆がバラバラだったんで
「俺はここ」「私はこっち」って、それぞれのいる場所で
それぞれが「遠吠え」を始めました
その、伝染の仕方が面白くて、ずーっと聞いてました(笑)


グンちゃんは、遠吠えができません・・ワオーンバンー みたいに吠えちゃう
エルダとオーチンは、オンオン聞こえます
ニーナは、グアンワウワウみたいに ちょっとお喋りっぽい
一番上手いのはダーナ 口の形が狼っぽいからなのか
きちんと口を丸めて、奇麗に遠吠えしてました


ランニング散歩の途中で、救急車に出会って
突然遠吠えを初めて、遠吠えに夢中になって、走りながら
電柱に横顔をぶつけたのも、ダーナでした(笑)

気温が\高くなると、あの子達用に「氷」を作っておきます
走ってきて、上昇した体温を下げるためです
真水で作った「素氷」じゃなくって、シロップでちょっと味付けします
今夜の味は「イチゴ」です そのほかに「メロン」と「レモン」があります

ちょっとシロップを混ぜた方が、柔らかくなって
あの子達も食べやすいようです



砕いた氷の欠片を、順番に食べていきます

皆のハアハアが、嘘のように収まります




エルダは、固い大きな氷が苦手なんで、ちっちぃやつをあげます

そーっとの口 してるでしょ?(笑)




グンちゃんとニーナは、大きかろうが、固かろうが
バリバリ かみ砕いて食べます
若いもんは、歯が強いですわ(笑)



人間もそうですけど、暑い時に冷たいものを食べると、身体が冷えますよね
あれって、冷たいものが居に入るから、体温が下がると思ってる人が居るけど
実際は、冷たいものが食堂を通過する時に、
心臓の横を通っている食堂に、冷たいものが通過する事によって
心臓の血液が、冷やされるから なんですよね
体温調節の苦手な「犬」にとって、「冷たいものを食べる」って
有効な 体温を下げる手段だと思います




患者さんからの「里親探し」の依頼です

1ヶ月ほど前に 河原に捨てられている所を
瀕死の状態で運び込まれて ここまで健康になりました
人慣れもしたし、今は健康で、ご飯もよく食べてくれます
頑張って、いい飼い主さんを見つけてあげようと思います
折角助かった命なんで、「幸せな猫ちゃん」になって欲しいと思います